Now Loading...

ストレスフリーMMTS療法の研究成果

REASERCHストレスフリーMMTS療法の研究成果

ストレスフリー療法の効果やストレスフリー療法の研究に関して国際的科学ジャーナルであるLaser Therapy,Integrative Medicine Researth,Healthにて合計7編が学術論文として発表されており、日本レーザー医学会、日本レーザー治療学会や早期認知症学会にも多くの論文が投稿されております。
ストレスフリーMMTS療法の研究論文は多岐にわたり、その研究の一つ一つを細かく掲載すると膨大な量になるため、このページではストレスフリーMMTSによっておこる変化グラフとその症例に関して掲載します。
了徳寺大学におけるストレスフリー療法の研究テーマは不老長寿でしたが、現在では研究が進み若返りが起こっていると考えられることから、 現在では『』が了徳寺大学およびストレスフリーMMTS療法のテーマとなっております。
ストレスフリー療法の研究によって投稿された論文は多岐にわたりますが、病気の症例にスポットを当てると高血圧・高脂血症・糖尿病白内障緑内障といった症例に関して、効果が認められるという研究論文が承認投稿されています。
附属クリニックである銀座数寄屋橋クリニック・福岡天神クリニックの診療実績には冷え症・不眠症・しみ・たるみ・しわ・老眼白内障緑内障高血圧・高脂血症・糖尿病パーキンソン病・認知症・小脳変性・関節リウマチ・各種ガン疾患・強皮症・静脈瘤・パニック障害・躁うつ病・花粉症・前立腺肥大症前立腺がん・婦人科疾患・不整脈・アルコール性肝炎といった様々な症例があげられます。
その中でも特筆すべきは治療が困難とされる難病である緑内症パーキンソン病といった症例に関して一定の治療効果が出ていることです。
それらの治療効果に関しては了徳寺健二理事長の書籍である若返り革命2に詳細が掲載されております。

IL-10出典Effect of Stress-Free Therapy on immune system: Induction of Interleukin 10 expression in lymphocytes through activation of CD19+ CD24hi CD38hi regulatory B Cells. Laser Therapy 24(3):179-188

IL-10出典Effect of Stress-Free Therapy on immune system: Induction of Interleukin 10 expression in lymphocytes through activation of CD19+ CD24hi CD38hi regulatory B Cells. Laser Therapy 24(3):179-188

成長ホルモンと免疫力・罹患率の関連性

了德寺大学におけるストレスフリー療法研究の検証例

緑内障患者の視野の改善の様子

色が濃くなるほど、視野が欠けている

ストレスフリーMMTS療法の効果について

ストレスフリーMMTS療法を行うことにより9つの効果が表れます。
  1. 人体から科学的にストレスを取る(ストレスホルモンであるコルチゾールの低減)
  2. 血流量の増加
  3. 成長ホルモンの分泌亢進
  4. 細胞の中のミトコンドリアの活性とそれに伴う細胞の活性化
  5. 女性ホルモン エストロゲンの分泌亢進
  6. 体温の正常化(低体温の解消)
  7. 病気の根源とされる酸化ストレスの低減
  8. 血中二酸化炭素の低減と血液PHの正常化
  9. インターロイキン10が強烈に発現する(サイトカインストームを抑制する)

了徳寺大学附属クリニックにおけるストレスフリーMMTS療法での診療実績

冷え症・不眠症・しみ・たるみ・しわ・老眼白内障緑内障眼瞼下垂高血圧・高脂血症・糖尿病パーキンソン病・認知症・小脳変性・関節リウマチ・各種ガン疾患・強皮症・静脈瘤・パニック障害・躁うつ病・花粉症・前立腺肥大症前立腺がん・婦人科疾患・不整脈・アルコール性肝炎